contentsmaker

ホーム > サービス > コンテンツメーカー > 詳細 - コンテンツを競争力に

コンテンツメーカー詳細 - コンテンツを競争力に

コンテンツメーカーを導入することによる効果

コンテンツメーカーを利用すると「インデックス数(ページ数)を増やす」「関連被リンクを増やす」「更新頻度を上げる」という3点でメリットがあります。

SEO対策としてのコンテンツメーカー

SEO対策は「内的対策」と「外的対策」の二つがあります。
「外的対策」に関しては、外部リンクを設置するなど、最近ではSEO業者に依頼することで対策はできますが、「内的対策」に関しては、基本的に自社で行わなければならないのが現状です。
「内的対策」の中には文言修正など簡単に対応可能なこともありますが、ページ数を増やすことや更新頻度を上げることは難しいことです。
しかしSEO対策では、「ページ数を増やす」ことと「更新頻度を上げる」ことはとても重要です。このページ数を増やすことと更新頻度を上げることを自動で行うエンジンがコンテンツメーカーです。
また、コンテンツメーカーが自動生成するページは、すべて静的htmlファイルになっております。すべて静的なhtmlであることがSEO対策のポイントになっています。
⇒内的SEO対策を自社で構築することが可能!

SEOカテゴリ

2つの設置方法をお選びいただけます

コンテンツメーカーは、SEO対策強化の重点をどこに置くかという視点から、設置方法をサイト内外どちらに設置するかお選びいただけます。 成果報酬型と違い、生成されたコンテンツはクライアント様の財産となります。

コンテンツメーカー設置方法

ポータル(情報)サイトとしてのコンテンツメーカー

コンテンツメーカーを利用すると、RSSにて配信される世界中のブログやWebサイトが 発信している、「貴社が欲しい情報を容易にコンテンツ化」できるメリットがあります。

RSSとは?
Blogに代表する機能の一つとして、ページに記事の追加や更新をした際に、その更新情報を発信する機能をRSSといいます。つまり、インターネット上に無数にあるサイトやブログから大量の情報が発信されているということになります。コンテンツメーカーは、その無数 にある情報の中から、好きなサイトやブログを選ぶだけで自動的に最新情報を取得し、ページとして書き出します。

サイト内RSS部分

類似システムとコンテンツメーカーの違い

CGM(消費者生成メディア)と違い、運用や更新、監視をする負担のなく、コンテンツを 生成・運用することができるメリットがあります。また、HP制作と比較してもその費用対 成果物の差は歴然としています。

<CGMシステムやHP制作とコンテンツメーカー比較表>

運用 更新・管理 コンテンツ 費用感
コンテンツメーカー 自動的にページを生成するため、ご担当者様の片手間で十分
⇒工数・負担が軽減
アップロード、デザイン変更のときのみ対応
⇒工数・負担が軽減
常に更新されるため、リッチコンテンツを形成できる
⇒工数・負担が軽減
初期の製作費用とシステム費用のみ
⇒費用は数百分の1でメディアができる
CGM プロジェクト単位で組む必要がある 誹謗中傷など、意図しない記事を記載されるなど、炎上する可能性がある ユーザーが書き込まない限り、チープなクリエイティブになってしまう 初期費用(開発費要)数百万以上+ランニングコスト数十万+レベニューシェア数%
HP制作 制作会社を利用するか、一人月以上は必要 工程をチェックする必要がある ボリュームが必要となる 要件によるが、30,000円〜/ページ。更に企画料など・・

ご担当者様が日々遭遇する、運用や更新管理の負担を軽減できて、費用的にもリーズナブルにお取組みできます

導入スケジュール

導入スケジュール

導入スケジュール